きたのの土方さん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ラストサムライ観ました。

<<   作成日時 : 2004/05/15 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

 今日、DVDを買って、やっと観ることができました。
 最初はけっこう違和感があって、これは西南戦争頃のパラレル明治ファンタジーなんだって思いながら観てました。でもラストに近くなって、ひきこまれました〜。
 私はやっぱり、切ない女心よりも、戦う男の姿の方に心を揺さぶられるんだなーって再確認できました。渡辺謙も、真田広之も、みんなみんなとってもきれいでした。
 でもつい、洋装断髪の男が日本刀振り回していたり、刀を振りかざした騎馬の人が銃で撃たれたりするシーンは別の意味でドキっとしてしまいました。『ガトリングガン』にも過剰反応したりして。
 先込銃の使えなさや新旧武装の軍の衝突するところをこれだけ大きい規模で映像で観られるのはたいへんありがたいことですね♪
 これが実在の、たとえば五稜郭まで行ったフランス仕官の物語などだったら、もっと嬉しかったなあ・・・って思うのは、単におたく女のワガママですね(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラスト サムライ(2003) -The Last Samurai-
幕末の日本を舞台にしたこの映画、野外シーンの殆どはニュージーランドで撮影されています(もちろん日本でもロケしています。後日「その2」を投稿します)。ネイティブ日本人の私たちには時々不自然な山並みや植生が映りますが、なぜ、ニュージーランドだったのか…? ...続きを見る
映画で世界を旅するブログ
2005/03/12 12:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「ラストサムライ」略して「ラスサム」。観られましたか〜。私も買いましたよ。DVD。
恥かしい話ですが、私、一番最初に劇場で予告を見た時(まだ映像はなかったと記憶)、絶対土方さんの話だと思ったんです。だから最初は幕末ものだと思ってました。その後西南戦争頃の話だと分かりましたが、私の中では、やっぱり幕末ものなんです。少しでも旧幕府軍の抵抗が挿入されてたらもっとよかったのにと今でも思っています。全世界に供給される、土方さんや、蝦夷共和国の映像。わくわくします。
にしきの
2004/05/16 00:57
全世界に供給される、土方さんや、蝦夷共和国の映像。・・・・うっとりしてしまいます。伝習隊とか額兵隊とか、遊撃隊。・・・・だめ。妄想がとまらなくなりますっ。(笑)
読みたい文章や絵だったら、誰かが書いてくれないなら「私が書く!」っていえますが、さすがに映像は無理なので、人様頼みです〜。
西南戦争もいいなあ。西郷のカリスマ性、薩摩の葛藤、桐野をはじめ、幕末を生き抜いた男たちの凄みを表現してほしいです〜。ほらそれに西南戦争なら斉藤さんや会津の方々も関係するし。
北野あきら
2004/05/16 09:44
私も見ましたよ〜。と言っても宣伝のためにDVDを店頭で流しているのをじーっと見てたんですが(笑
最初と最後という微妙な部分だけでしたが、勝元が死ぬシーンなんか泣きそうでした。
ガトリング砲も「あー、アボルタージュ…」って一人妄想にふけってました。
はたから見たらかなり不審人物だったことでしょう(笑
藤咲聡
2004/05/17 20:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラストサムライ観ました。 きたのの土方さん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる